2004年08月06日

かぼちゃの冷たいスープ

LEE2004年8月号「栗原はるみさんの“伝えたい私の味”」より。
旦那「今まで○○(私)が作った料理の中で一番美味しい!」
・・・ってことで美味しかった一品。
かぼちゃの冷たいスープ
私は味のわからない人間なので、作り終わった後「これはもうしばらく作らなくていいや(^_^;)」と思ったのだ。
何が面倒ってかぼちゃの皮を剥くのがイヤなだけ。
ほんっと暑くてさぁ。
こんなに大変なら私は牛乳パックのようなものに入ったインスタントパンプキンスープでいいよと実感。
しかし旦那の評価はおそろしく良かった。
と言うわけでまた気が向いた時にでも作ります。
(旦那は飲む前にわざわざ「オレはかぼちゃスープすごい好きだから評価は厳しいよぉ〜(苦笑)」と念押ししていた。
その上で美味しいと言ってもらえたので余計に嬉しい。)

ただねぇ、これは美味しくないかぼちゃを買ってきてしまうときっと美味しくない。
私にはわからないだろうけど(^_^;)
旦那に言わせれば私がたまたま買ってきたこのかぼちゃは大当たりらしい。
(別に高いかぼちゃではなく、むしろ普段より安いから買ってきた。)
ものすごく甘かったので最初旦那は「これ砂糖か何か入れた?」と聞いてきた(実際入れていない)。
かぼちゃだけでこれだけの甘みが出たのはホント良かったらしい。
美味しいかぼちゃの選び方を知らないだけにホントラッキーだったなぁ。
(かぼちゃを使って料理するのも初めてだし、自分でかぼちゃを買ってくるのも初めてだった(苦笑))
私は大きさの割りに重みがあって、2分の1カットだったので切り口を見てタネやワタの部分が少ないものを選んできました(要は食えるところが多いものって狙い方)。
ってか誰か正しいかぼちゃの選び方を教えてください・・・。

私にしてはめずらしく旦那に前もってメニューを言わず作った。
(普段作っているものはレシピを見せて「これは食べられるか?
」と確認をとっている。
とにかく食えないものが多いからねぇ、旦那。)
かぼちゃスープが元々好きなのは知っていたからっていうのもあるけど、このレシピにはネギが入っていたのだ。
レシピ見せたら「ネギ入れないで〜」と言われそうだなぁと思って。
(私は積極的に入れたいのだ。)
かなり細かく切ってレシピ以上に炒めておいたけどね〜。

あと牛乳などでお腹こわしやすい人は気を付けてください。
旦那は食べながら「すごく美味しいからもっといっぱい飲みたいんだけど、牛乳と生クリームが入っているから腹壊すんだよねぇ(T_T)」と言っていた(←どうも過去の経験らしい)。
案の定早めに食べた私はその日のうちに腹を壊し、旦那は翌朝腹を壊していた。
あまりいっぱい飲んじゃいけなかったようだ。

とにかく「こんな美味しいかぼちゃスープはまず飲めない!」と言ってもらえただけで、かぼちゃとの格闘が報われました・・・。
posted by Sally at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。